Shaping the Future. Together.

BCGの役割と機能

BCGは、クライアントに対し、「経営分析のプロ」、「スパーリング・パートナー」、「応援団」という三つの役割を提供します。プロジェクトの中で数々の有効な機能を発揮することにより、これら三つの役割を果たしていきます。

企業は、しばしば「会社の歴史」や「"我が社" のやり方」に縛られがちです。これらの役割・機能は、企業内の閉じたプロジェクトでは得られない、BCGならではの価値として高く評価されています。

経営分析のプロ
市場(クライアント・競合)の視点に立った科学的アプローチにより、考えたり議論を進めたりするための材料を用意・提供します。

  • センサー機能: 市場・現場の声を把握し、論点を抽出する

  • 探針機能: 仮説を構築し、実証する

  • ものさし機能: 議論のポイントに関する定量化と客観的分析を行う 

  • エキスパート機能: コンセプト・議論の枠組みを提示する

  • 和魂洋才機能: 世界の先進企業の取り組みを、顧客の組織風土・企業文化に適合する形で紹介する

  • マッピング機能: 問題の構造を解明し、戦略軸に投影する

スパーリング・パートナー
第三者の視点に立脚してクライアントとぶつかり合い、徹底的に議論する中で、クリエイティブな発想を創り出していきます。

  • 刺激・触媒機能: 異質の視点から切り込み、侃々諤々の議論を誘発する

  • ツボ割り機能: 部門ごとのタコツボから抜け出せるようにし、部門間の接面や隙間に議論を生み出していく 

応援団
提言のパワーアップや意思決定の後押しを行い、クライアントの組織内に納得性を醸成していきます。

  • 幅出し・深堀り機能: 前例や社内論理にとらわれない選択肢を拡大し、トレードオフを明確化する

  • 結晶化機能: 提言をブラッシュアップし、鮮明化する

  • 尻押し機能: 顧客の迷いを払拭するためのワンプッシュを行う

  • 弾よけ機能: 変化への心理的抵抗や正論への感情的批判の矢面に立つ

  • 浸透化機能: 意思決定のプロセスや内容について、顧客の組織内に納得性を醸成する

サービス

BCGは、産業や経営機能についての豊富な知識と経験をもとに、経営上の重要課題についてのコンサルティングを展開しています。 Go

Social Impact

BCGではコンサルティングを通して培った独自のスキルや知見を、社会貢献活動に役立てています。 Go

ニュース

日本版出版物/書籍のご紹介、報道/取材に関するお問い合わせは
こちらをご覧ください。
Go

採用情報

BCGの採用情報をご案内します。 Go